公益財団法人 結核予防会結核研究所・テーマ別調査研究

テーマ別調査研究

ページ先頭

ハイリスク者

資料

2. 都道府県別外国生まれにおける結核届出率
最新データは「結核対策指標値」をご参照ください。

論文

1. Yoshikawa R, Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A. Delay in health-care-seeking treatment among tuberculosis patients in Japan: what are the implications for control in the era of universal health coverage? WPSAR Vol 11, No 2, 2020 | doi: 10.5365/wpsar.2019.10.1.010

2. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A, Kato S. Using surveillance data to simulate the impact of a hypothetical pre-entry TB screening program in Japan. International Journal of Tuberculosis and Lung Diseases. 2018; 22(5):510-517(8)
https://doi.org/10.5588/ijtld.17.0258

3. 河津里沙.若年層では外国出生者の患者が増えている.
Current Therapy. 2018: 36(8): 748-753

4. Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A, Kato S. Tuberculosis and non-recent and recent migrants in Japan – some issues for post-entry interventions. Western Pacific Journal of Surveillance and Response Journal. 2017;8(4).
doi:10.5365/wpsar.2017.8.3.003

5. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A, Ishikawa N. Profile of tuberculosis among the foreign-born population in Japan, 2007–2014. Western Pacific Journal of Surveillance and Response Journal. 2016, 7(2):7–16.
doi:10.5365/wpsar.2016.7.1.008

進行中の研究
1.入国前結核健診に関する研究
1-1「厚生労働科学研究費 わが国による入国前結核健診事業精度保証のガイドラインに関する研究」 研究代表者:大角晃弘、 実施期間:2019-2021

関連資料

論文

1. Ohkado A, Douglas P, Zenner D, Kawatsu L. Pre-migration TB screening-the first step is always the hardest. Int J Tuberc Lung Dis. 2020; 24(12):1261-1264. doi: 10.5588/ijtld.20.0102.

入国前結核スクリーニング-初期段階はいつも最も困難
わが国で届け出される結核患者の内で、外国生まれ結核患者が占める割合は、増加傾向にある。日本政府は、国内で届け出される外国生まれ結核患者の主な出身国であるアジア6カ国から、90日以上滞在を希望する人々を対象とする入国前結核健診事業を開始する予定である。著者らは、入国前結核健診事業の長い歴史を持つ英国と豪州における経験から、入国前結核健診事業を運営する上での鍵となる点について意見交換を行い、検討した。両国とも、入国前結核健診事業の事業評価を継続して実施するための情報収集システムを導入して、事業の改善を図っている。わが国が今後導入を予定している入国前結核健診事業について、その評価を実施するための情報収集システムは未確立であり、今後早急にその導入について具体的に検討する必要がある。

2. 大角晃弘. 入国前結核スクリーニングの実施について. 保健師・看護師の結核展望 2020; 115: 18-22.

1-2「AMED加藤班 入国後結核スクリーニングに関する諸外国の事例検討」 研究代表者:加藤誠也、分担研究者:大角晃弘、実施期間:2020-2022

関連資料

coming soon

論文

coming soon

2.結核の国際医療連携に関する研究
2-1「科研費基盤(C)国境を越えて移動する結核患者の医療継続支援制度とその有用性の評価」 研究代表者:大角晃弘、実施期間:2019-2021

関連資料

結核国際医療連携支援Bridge TB Care https://jata.or.jp/bridge.php

論文

1. Ohkado A, Querri A, Shimamura T, Ota M, Celina Garfin AM. Referral and treatment outcomes of tuberculosis patients who crossed the border from Japan to the Philippines. Int J Mycobacteriol 2019;8:180-4

2. 大角晃弘.日本からフィリピンへの結核患者紹介事例検討-確実な結核治療継続のための取り組み-.保健師・看護師の結核展望 2017;109:33-39.

2-2「一般研究費 治療途中で国外へ移動する結核患者に関する米CDCとの共同研究」 研究代表者:河津里沙、実施期間:2019-2020

関連資料

coming soon

論文

1. 河津、他 肺結核患者の治療成績における「転出」の検討―国外転出の検討も含めて.結核. 2018; 93(9):495-501

2. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A Evaluation of “international transfer-out” among foreign-born pulmonary tuberculosis patients in Japan – what are the implications for a cross-border patient referral system?  BMC Public Health, 2018. 18:1355
https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-018-6273-0

3.外国出生者のLTBI対策に関する研究
「科研費基盤(C)入国前結核健診の課題:外国出生者における潜在性結核感染症の服薬支援に関する研究」研究代表者:河津里沙、実施期間:2020-2022

関連資料

coming soon

論文

Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A. Trend and treatment outcomes of latent tuberculosis infection among migrant persons in Japan: retrospective analysis of Japan tuberculosis surveillance data. BMC Infect Dis 21, 42 (2021).
https://doi.org/10.1186

4.外国生まれ結核患者の医療体制に関する研究
国立国際医療研究センター国際医療研究開発費「外国生まれ結核患者の臨床疫学研究および医療体制モデルの構築に関する研究」研究分担者:李祥任、実施期間: 2019-2022

関連資料

coming soon

論文

coming soon

資料

準備中

論文

準備中

進行中の研究
「科研費基盤(C)濱口班 BCG接種制度見直しにおける小児結核リスクの推定とベネフィット・リスク評価」研究代表者:濱口由子、実施期間:2019-2021

関連資料

coming soon

論文

coming soon

資料

2. 都道府県別高齢者の届出率
最新データは「結核対策指標値」をご参照ください。

論文

準備中

進行中の研究
1.「AMED加藤班 大規模多目的コホートJAGES(日本老年学的評価研究)データを用いたソーシャルキャピタルが高齢者結核の発病に及ぼす影響の研究」 研究代表者:加藤誠也、分担研究者:永田容子、研究責任者:内村和広、実施期間:2017-2019

関連資料

論文

coming soon

2.「一般研究 高齢結核患者における臨床像に関するシステマティック・レビュー及びメタ解析」研究代表者:泉清彦、実施期間:2016-2020

(プロトコル登録済み:
https://www.crd.york.ac.uk/PROSPERO/display_record.php?RecordID=43941

関連資料

coming soon

論文

coming soon

資料
論文

1. 河津里沙、内村和広、渡部裕之、神楽岡 澄、他.生活困難者を対象とした啓発冊子「結核のしおり」の効果の検証.結核.2015:90(8):613-618

2. 河津里沙、石川信克.若年層~壮年層における結核死の社会経済的要因に関するシステマティック・レビュー.結核.2014:89(5):547-554

3. A Shimouchi, Y Tsuda, J Komukai, K Matsumoto, H Yoshida, and A Ohkado. Characteristics of individuals with tuberculosis in an urban, poor population in Osaka City, Japan — a case-control study. WPSAR 2020; 11(1): 1-7. | doi: 10.5365/wpsar.2018.9.1.005

大阪市の貧困層における結核患者の特徴-ケース・コントロール研究
[目的]大阪市あいりん地区における肺結核発病関連因子について明らかにする。
[方法]2015年から2018年に肺結核として届け出された患者192人の群と、あいりん地区の8カ所の支援宿舎に滞在する人々で結核健診を受診した190人の人々との群について、年齢・BMI・糖尿病の有無・喫煙状況・飲酒歴について比較検討した。
[結果]ロジスティック多変量解析によって、BMI18.5未満と現在飲酒歴ありとが肺結核発病のリスク要因であることが確認できた。

進行中の研究
1「AMED加藤班 MDR-TB患者における破壊的費用に関する調査」研究代表者:加藤誠也、分担研究者:内村和広、研究責任者:河津里沙、実施期間:2020-2022

関連資料

coming soon

論文

coming soon

2「一般研究費 社会的・経済的弱者の結核感染症におけるUHCのインパクト評価(patient’s delayに関する基礎調査)」研究責任者:濱口由子、実施期間:2019-2020

資料

coming soon

論文

coming soon

資料
論文

大角晃弘. タバコ対策と結核対策の連携強化. 保健師・看護師の結核展望 2021; 116: 101-104.

進行中の研究
1.「科研費基盤(C)結核対策と喫煙対策の連携はいかに有効か?-フィリピン都市部貧困層における検討」 研究代表者:大角晃弘、実施期間:2016~2018 終了

関連資料

coming soon

論文

coming soon

2.「一般研究費 フィリピンにおける新型タバコ対策と結核対策との連携強化に関する検討」研究代表者:大角晃弘、実施期間:2020年-2022年

関連資料

coming soon

論文

coming soon

接触者健診に関する研究

資料

準備中

論文

準備中

進行中の研究
1.「AMED加藤班 接触者健診台帳システムによる保健所格差の評価」研究代表者:加藤誠也、分担研究者:内村和広、研究実施期間:2020-2022

関連資料

coming soon

論文

coming soon

2.「一般研究 マラウィにおける接触者健診調査」研究代表者:内村和広、河津里沙、研究実施期間:2019-2021

関連資料

coming soon

論文

coming soon

結核対策の経営効率性に関する研究

資料

準備中

論文

準備中

進行中の研究
「一般研究費 包絡分析法(DEA)の応用:結核対策の経営効率性評価とその決定要因」研究代表者:濱口由子、研究実施期間:2019-2021

関連資料

coming soon

論文

coming soon

多剤耐性結核に関する研究

資料
論文

1. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A, Yoshiyama T.
Treatment outcome of multidrug-resistant tuberculosis in Japan - the first cross-sectional study of Japan tuberculosis surveillance data. BMC Infectious Diseases. 2018. 18:445.
https://doi.org/10.1186/s12879-018-3353-9

過去5年以内に携わった研究の紹介

「科研費基盤(C)刑事施設における潜在性結核感染症スクリーニングの有用性に関する検討」 研究代表者:河津里沙、実施期間:2016~2018  終了

関連資料

論文

1. Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A. A Cost-Effectiveness Study of Tuberculosis and Latent Tuberculosis Infection Screening in Prisons in Japan. Int J Tuberc Lung Dis. 2020 May 1;24(5):506-511.

2. Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A A situational analysis of latent tuberculosis infection among incarcerated population in Japan. PLoS ONE 2018. 13(9): e0203815.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0203815

3. Kawatsu L, Uchimura K, Kobayashi M, Ishikawa N.
The profile of inmates with tuberculosis in Japan. International Journal of Prison Health. 2018; 14(3):153-162
https://doi.org/10.1108/IJPH-03-2017-0013

4. 河津里沙、内村和広、泉清彦、大角晃弘.刑事施設被収容者における潜在性結核感染症に関するシステマティック・レビュー.結核. 2016;91(4):457-464

5. Kawatsu L, Uchimura K, Kobayashi M, Ishikawa N. Overview of the tuberculosis burden in prison institutions in Japan, 2000–2012. The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease. 2015; 19(8):921-6

結核対策におけるGIS/SNA活用に関する研究

関連資料

論文

1. 泉清彦、河津里沙、三宅慧、渡部 ゆう、他.結核接触者健診における社会ネットワーク分析の活用.結核.2017;92(1):27-34

2. Izumi K, Kawatsu L, Ohkado A, Uchimura K, Kato S, Evaluating the impact of health resource reconstruction on improving spatial accessibility of tuberculosis care, Int J Tuberc Lung Dis. 2016 Nov;20(11):1501-1508

3. Kawatsu L, Izumi K, Uchimura K, Urakawa M, et al. Can social network analysis assist in the prioritisation of contacts in a tuberculosis contact investigation? The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease. 2015;19:1293-9.

4. Izumi K, Ohkado A, Uchimura K, Murase Y et al. Detection of Tuberculosis Infection Hotspots Using Activity Spaces Based Spatial Approach in an Urban Tokyo, from 2003 to 2011. PLoS ONE 10(9): e0138831.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0138831

「ナショナルデータベースを用いた非結核性抗酸菌症の疫学および治療実態把握のための研究」

論文

1. Izumi K, Morimoto K, Hasegawa N. et al. Epidemiology of adults and children treated for nontuberculous mycobacterial pulmonary disease in Japan. Ann Am Thorac Soc. 2019 Mar;16(3):341-347. doi: 10.1513/AnnalsATS.201806-366OC.

「ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)達成に寄与する要因の解明と我が国による効果的な支援施策に関する研究」

関連資料

coming soon

論文

Nomura S, Sakamoto H, Sugai KM, Nakamura H, Sakurai MK, Lee S, Ishizuka A, Shibuya K. Tracking Japan’s development assistance for health, 2012–2016. Globalization and Health.16, 32 (2020).
https://doi.org/10.1186/s12992-020-00559-2

Querri A, Ohkado A, Kawatsu L, Remonte MA, Medina A, and Garfin AMC. The challenges of the Philippines social health insurance program in the era of Universal Health Coverage. Public Health Action 2018; 8(4): 175–180. doi: 10.5588/pha.18.0046

「フィリピン都市部貧困層における結核対策改善のための方策についての研究」

関連資料

coming soon

論文

1. AG Querri, A Ohkado, L Kawatsu, J Bermejo, A Vianzon, MJ Recidoro, and A Medina. Assessment of the role of community health volunteers in delivering primary health care in Manila, the Philippines. J of International health 2020; 35(1): 15-25.

フィリピンマニラ市のプライマリヘルスケアにおける地域保健ボランティアの活動評価
[目的] フィリピン都市部でのプライマリヘルスケアレベルにおける中核的活動を担うバランガイヘルスワーカー(BHWs)の住民訪問の実施状況と課題について明らかにする。
[方法]マニラ市第1地区における保健所の看護師及びBHWsを対象に面接調査を実施し、得られた情報を整理した。
[結果]フィリピン全国のBHWsが利用することとされている13の情報収集フォームの利用は不完全であり、情報収集の遅れも認められた。地方自治体からBHWsへの報酬支払いの遅れや、情報収集フォーム項目の重なり等に関して改善する必要があることが指摘された。

2. Querri A, Ohkado A, Yoshimatsu S, and Shimouchi A. Strengthening the link between government and non-government organizations in tuberculosis control in the urban poor of Metro Manila, Philippines: A retrospective descriptive study. Kekkaku 2018; 93(10): 529–536.

3. A. Querri, A. Ohkado, S. Yoshimatsu, L. Coprada, E. Lopez, A. Medina, A. Garfin, J. Bermejo, F. Tang, and A. Shimouchi. Enhancing tuberculosis patient detection and care through community volunteers in the urban poor, The Philippines. Public Health Action 2017; 7(4): 268-74.

4. E. Lopez, S. Yoshimatsu, A. Querri, L. Coprada, J. Bermejo, M.R. Paulino, A. Medina, A.M.C. Garfin, A. Ohkado. The referral pathway of presumptive drug-resistant tuberculosis in an urban poor setting, The Philippines. Public Health Action 2016; 6(4): 237–241.
http://dx.doi.org/10.5588/pha.16.0046

5. L. Coprada, S. Yoshimatsu, A. Querri, E. Lopez, P. Agujo, M.R. Paulino, A Medina, A.M.C. Garfin, A. Ohkado. A review of tuberculosis contact investigations in the poor urban areas of Manila, The Philippines. Public Health Action 2016; 6(4): 220–225.
http://dx.doi.org/10.5588/pha.16.0042

「胸部レントゲン写真撮影の精度評価に関する研究」

関連資料

coming soon

論文

1. Date T and Ohkado A. The role of continuing education in improving the quality of chest radiography images based on experiences in three Asian countries. Health and Technology. 2018; 8(5):411-418.
Published online: 05 July 2018. (Case Report)
https://doi.org/10.1007/s12553-018-0242-6

2. Ohkado A, Mercader M, and Date T. Does a quality assurance training course on chest radiography for radiological technologists improve their performance in Laos? Int J Mycobacteriol 2017; 6: 302-6. DOI: 10.4103/ijmy.ijmy_79_17

3. A Ohkado, P Luna, A Querri, M Mercader, S Yoshimatsu, L Coprada, R Banares, A.M.C. Garfin, T Date. Impact of a training course on the quality of chest radiography to diagnose pulmonary tuberculosis. Public Health Action 2015;5(1):83-88.

「結核分子疫学研究」

関連資料

coming soon

論文

1. Takii T, Seki K, Wakabayashi Y, Morishige Y, Sekizuka T, Yamashita A, Kato K, Uchimura K, Ohkado A, Keicho N, Mitarai S, Kuroda M, and Kato S. Whole-genome sequencing-based epidemiological analysis of antituberculosis drug resistance genes in Japan in 2007: Application of the Genome Research for Asian Tuberculosis (GReAT) database. Scientific Reports 2019; 9: 12823. |
https://doi.org/10.1038/s41598-019-49219-5

2. 村瀬良朗、大角晃弘、渡辺ゆう、神楽岡澄、石原恵子、誉田千晶、内村和弘、前田伸司、瀧井猛将、石川信克. 都市部における来日外国人と地域住民間の結核感染動態に関する分子疫学研究. 結核 2017; 92(5): 431-439.

3. Y Murase, K Izumi, A Ohkado, A Aono, K Chikamatsu, H Yamada, Y Igarashi, A Takaki, and S Mitarai. Prediction of Local Transmission of Mycobacterium tuberculosis Isolates of a Predominantly Beijing Lineage Using a Variable-Number Tandem Repeat (VNTR) Typing Method Incorporating a Consensus Set of Hypervariable Loci. J Clin Microbiol. 2017; 56(1):1-11. pii: e01016-17. doi:10. 1128 / JCM.010 16-17.

4. Kiyohiko Izumi, Yoshiro Murase, Kazuhiro Uchimura, Aya Kaebeta, Keiko Ishihara, Sumi Kaguraoka, Takemasa Takii, Akihiro Ohkado. Transmission of tuberculosis and predictors of large clusters within three years in an urban setting in Tokyo, Japan: a population-based molecular epidemiological study. BMJ Open 2019;9:e029295. doi:10.1136/bmjopen-2019-029295