公益財団法人 結核予防会結核研究所・テーマ別調査研究

テーマ別調査研究

ページ先頭

ハイリスク者

資料
論文

準備中

進行中の研究

1.「大規模多目的コホートJAGES(日本老年学的評価研究)データを用いたソーシャルキャピタルが高齢者結核の発病に及ぼす影響の研究」

2.「高齢結核患者における臨床像に関するシステマティック・レビュー及びメタ解析」
(プロトコル登録済み:
https://www.crd.york.ac.uk/PROSPERO/display_record.php?RecordID=43941

資料
論文

1. Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A, Kato S. Tuberculosis and non-recent and recent migrants in Japan – some issues for post-entry interventions. Western Pacific Journal of Surveillance and Response Journal. 2017;8(4).
doi:10.5365/wpsar.2017.8.3.003

2. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A, Kato S. Using surveillance data to simulate the impact of a hypothetical pre-entry TB screening program in Japan. International Journal of Tuberculosis and Lung Diseases. 2018; 22(5):510-517(8)
https://doi.org/10.5588/ijtld.17.0258

3. Kawatsu L, Uchimura K, Izumi K, Ohkado A, Ishikawa N. Profile of tuberculosis among the foreign-born population in Japan, 2007–2014. Western Pacific Journal of Surveillance and Response Journal. 2016, 7(2):7–16.
doi:10.5365/wpsar.2016.7.1.008

4. 河津里沙.若年層では外国出生者の患者が増えている.
Current Therapy. 2018: 36(8): 748-753

進行中の研究

1.「日本語学校生徒を対象とした入学時結核健診の費用対効果分析」

2.「諸外国における結核患者紹介制度の現状に関する研究」

3.「EPA看護師・介護福祉士及びその候補者における結核の現状に関する研究」

資料
論文

1. 河津里沙、内村和広、渡部裕之、神楽岡 澄、他.生活困難者を対象とした啓発冊子「結核のしおり」の効果の検証.結核.2015:90(8):613-618

2. 河津里沙、石川信克.若年層~壮年層における結核死の社会経済的要因に関するシステマティック・レビュー.結核.2014:89(5):547-554

進行中の研究

準備中

資料
論文

1. Kawatsu L, Uchimura K, Kobayashi M, Ishikawa N. The profile of inmates with tuberculosis in Japan. International Journal of Prison Health, accepted

2. Kawatsu L, Uchimura K, Kobayashi M, Ishikawa N. Overview of the tuberculosis burden in prison institutions in Japan, 2000–2012. The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease. 2015; 19(8):921-6

3. 河津里沙、内村和広、泉清彦、大角晃弘.刑事施設被収容者における潜在性結核感染症に関するシステマティック・レビュー.結核. 2016;91(4):457-464

進行中の研究

1.「刑事施設被収容者の結核菌感染状況に関する研究」

2.「アジア地域における刑事施設の結核対策ネットワークの構築に関する研究」

資料
論文

準備中

進行中の研究

1.「結核対策と喫煙対策との連携強化が結核患者ケアと喫煙率低下とをもたらす有用性に関する研究」

資料
論文

1. 山内裕子.近年の日本における女性看護師、男性医師の結核感染・発病のリスクの検討. 結核. 92(1):5-10, 2017

2. A combination of quantitative and qualitative methods in investigating risk factors for lost to follow-up for tuberculosis treatment in Japan – Are physicians and nurses at a particular risk?
Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A, Kato S. PLoS ONE 13(6): e0198075.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0198075

進行中の研究

準備中

多剤耐性結核

資料
論文

準備中

進行中の研究

1.「MDR-TB患者の治療の転帰に関する研究」

潜在性結核感染症

資料
論文

1. Kawatsu L, Uchimura K, Ohkado A. Trend and treatment status of latent tuberculosis infection patients in Japan - Analysis of Japan TB Surveillance data. PLoS ONE 12(11): e0186588.

2. 伊藤邦彦.イソニアジドとリファンピシンを併用した潜在性結核感染症治療.結核.2016:91(10):641-655

3. 伊藤邦彦.イソニアジド単剤投与における重症肝障害の発生頻度とリスク因子.結核.2016:91(9):607-616

4. 伊藤邦彦.リファンピシンによる潜在性結核感染症治療における肝障害.結核.2016:91(5):509-513

5. 大角晃弘、吉松昌司、内村和広、加藤誠也.潜在性結核感染症登録者数の増加と減少の要因に関する全国保健所調査.結核.2015;90(10):657-663

進行中の研究

1.「LTBI患者の治療の転帰に関する研究」

非結核性抗酸菌症

資料

準備中

論文

準備中

進行中の研究

1.「ナショナルデータベースを用いた非結核性抗酸菌症の疫学および治療実態把握のための研究」

地理情報システム・ソーシャルネットワーク分析

資料
論文

1. 泉清彦、河津里沙、三宅慧、渡部 ゆう、他.結核接触者健診における社会ネットワーク分析の活用.結核.2017;92(1):27-34

2. Izumi K, Kawatsu L, Ohkado A, Uchimura K, Kato S, Evaluating the impact of health resource reconstruction on improving spatial accessibility of tuberculosis care, Int J Tuberc Lung Dis. 2016 Nov;20(11):1501-1508

3. Izumi K, Ohkado A, Uchimura K, Murase Y et al. Detection of Tuberculosis Infection Hotspots Using Activity Spaces Based Spatial Approach in an Urban Tokyo, from 2003 to 2011. PLoS ONE 10(9): e0138831.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0138831

4. Kawatsu L, Izumi K, Uchimura K, Urakawa M, et al. Can social network analysis assist in the prioritisation of contacts in a tuberculosis contact investigation? The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease. 2015;19:1293-9.

進行中の研究

1.「効率的な結核疫学調査における-ソーシャルネットワーク分析(SNA)及び地理情報システム(GIS)の有用性に関する研究」

ユニバーサルヘルスカバレッジと結核対策

資料

準備中

論文

準備中

進行中の研究

1.「ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)達成に寄与する要因の解明と我が国による効果的な支援施策に関する研究」